個人輸入を知って禁煙への日々|補助薬のおかげで成功率アップ

従来とは異なる薬理で禁煙治療

禁煙 禁煙を手助けしてくれる医薬品は従来から幾つか有り、個人輸入や国内市販される医薬品にはニコチン含有により口内で噛んだ成分を摂取するガムや体の見えない部分に貼る事で皮膚から吸収するパッチ等のニコチン置換療法と呼ばれる方法が主流とされてきましたが、新たに誕生したのがチャンピックスと呼ばれる経口による内服によるニコチンを含有しない非ニコチン製剤が主流となり、同様に海外医薬品を個人輸入する事が出来ますが国内では医療機関で設けられる規定の条件を満たす事で三割の負担で保険の適応も受けながら禁煙治療を行う事が出来るとしています。

チャンピックスとは、負担を掛ける事無く禁煙が出来る画期的な医薬品となり、成分をバレニクリン酒石酸塩としニコチンの含有をしない事で体から完全にニコチンを取り除きながら禁煙をする事ができ、殆どの方に起こる離脱症状を緩和させる事が出来るので集中困難や苛立ち等の症状が軽くなる事で辛い思いをしながら禁煙する必要が無く継続的に行える事から禁煙成功率が非常に高いとされる薬剤になります。

成分はニコチンを司る受容体に作用するとされ、一つに刺激作用が起こりニコチンを摂取したのと同様に少量のDAの分泌を促す事により上述した離脱症状の緩和を行う事ができ更に煙草を吸っている時と同様の状態となる事で喫煙欲求の緩和もする事が出来るとし、もう一つの作用として拮抗作用が起こるとされており、これは禁煙開始時に煙草を吸う事があってもこの作用によってニコチンの作用を弱める事が出来るので喫煙時に感じていた美味しいという感情や気持ちが満たされ落ち着く等を感じにくくしてくれるので、煙草離れを加速させてくれます。

チャンピックスはこの二つの作用により禁煙を気軽に始める事ができ、投薬開始から一週間迄は喫煙しても問題が無いとされ徐々に喫煙本数を減らす事が出来るとされ三ヶ月の投薬期間とし最後まで内服した方の約五割の方が禁煙に成功しているという報告が有り高い成功率を誇る事が分かっています。

成功率が高いだけに一時的に供給不足の事態を招いた事も有り個人輸入に頼らなければならい時期も有りましたが、現在は供給体制も整っているので医師からも処方して貰う事が出来ます。